メインイメージ画像

賃貸事務所の比較では

賃貸事務所の比較では、選び方の項目に広さは重要ではないですか?人の数に適した貸事務所の広さは重要であり、それによって業績も影響されるといっても嘘ではないはずです。人ひとりで考慮すると、最悪でも一坪以上は希望する広さです。椅子・机は当たり前ですがコピー機などの機械もの、ゆくゆくは従業員が増えることも頭に入れて、必要である床面積を準備しなければなりません。
また、業務内容によってはしばしば人が出入りするということもあるでしょうし、そのような場合は、ある程度余裕を持たす面積が重要になってきます。

イメージ事務所を検索する際に天井の高さに関して見落としがちです。天井高は低いビルでは、意外に威圧感があるもので、狭苦しい感じや緊張感がどうしても生じます。一般に言われる通り、事務所の天井高は最低2.6メートル位は確保するべきで、2.7m程度あると開放的な空間が感じられます。不動産業者の検索では天井のメーター数をキーにして賃貸物件の検索が可能ですから、利用してみましょう。
ここで、古い建物には天井の高さが低いビルがよくありますから、注意が必要です。できるだけ天井が高い事務所で快適な空気のオフィス環境にしてみませんか?

事務所を借りる時の始めの費用にはどういう種類があるか考えてみましょう。礼敷金・仲介費用などは通常の住居用の賃貸物件と同様です。事務所独特の初期費用には同じビルの他のテナントやビルの大家に損害を与えたケースに備える損害保険や家賃滞納を対象とする賃貸保証料に関する費用が挙げられます。
他に、社名や住所の看板など、エクステリアを付け替える必要がある場合にはその外装費用もかかります。物件の所有者によっては工事請負先が決まっていることもありますから確認しておきましょう。

事務所に移転する場合は、見積り比較を絶対にするのをおすすめします。事務所を借りる際には、共益費や仲介費用などの他に、外観や内装変更の工事実施、ネット回線の移設など規模の大きな工事も発生します。従って、どの工事下請業者を起用するか次第で初期コストに大きな差が出てしまうでしょう。
いくつかの業者へ見積りを依頼し、費用面とサービス内容を天秤にかけ、最も適した工事会社に施工依頼をするのがベストでしょう。建物の大家によって業者の指定があるので留意が必要です。