メインイメージ画像

賃貸事務所を○○で移転する時に悩みの種なのがこの時にかかる初期費用と言えます

賃貸事務所を○○で移転する時に悩みの種なのがこの時にかかる初期費用と言えます。物件によって多少の違いはありますが、大多数の場合、礼金・敷金・保険料・管理費・共益費・仲介費が通常必要とされる費用で、追加工事をする場合、レイアウトやエクステリアの工事の費用がかかってきます。これらのコストのうち、コストダウン可能な初期費用は、礼金や仲介費でしょう。
これらのコストが安価に設定してある物件を選ぶと良いでしょう。さらにできることは、工事施工費はとても高くつきますから、手を加える必要性が少ない場所を探すことで初期費用を大幅に削減が実現します。

イメージ事務所の配線工事を施工するのに気をつけるべきなのは、契約完了後でなければ工事ができないという点です。言い換えると、賃貸開始から工事が終わるまではその事務所を使うことができない期間が生じるということですね。こういう場合は、事務所の配線工事が終わるまでの間、前の事務所と新しい事務所の賃借料を両方払わなければいけないため、非常に大きな費用負担になります。
これを避けるには、フリーレントという賃貸契約開始から数ヶ月の間は賃料無しという建物を選ぶと重複払いをせずにすみます。

事務所探しにおいて交通アクセスが良いかチェックすることが一番重要な項目です。その理由は、この先仕事を展開するにあたり交通の便が良い場合、取引先にとっても、ここで働くスタッフにとっても良い立地だからです。来客者にとっては勿論のこと、スタッフにしてみても通勤時間が多ければその分生産性のない拘束時間が増えますし、好立地の事務所の方が実力のある人材も集まりやすいわけです。
このことを念頭において、賃料とのバランスを検討材料に入れて事務所を見つけましょう。

事務所を借りる前に、その物件の耐震性を調査しておくのが大切です。今後地震が起こる事態の防災として、高い耐震性が不可欠です。耐震についての法規制は過去何回か改定されているため、どの改正の建築基準法に基づいた建物か確認することが大切です。
今は防災対策に関連して一般的な意識が敏感になっていますから、大多数の賃貸業者では耐震性能に優れているという点を重視して物件の紹介も実施しています。防災は何を差し置いても重要視されるものであるので、妥協のない事務所選びをして下さい。