メインイメージ画像

何個もの賃貸事務所を比較する選び方で考えるときは

イメージ何個もの賃貸事務所を比較する選び方で考えるときは、間違いなくエリアにポイントを置くことが不可欠です。エリアに重きを置く訳はいくつかあるのですが、大半の人は土地の評価や値段を意識します。言うまでもなく、土地の値段はその通りに家賃に反映されますから、外せない点と言えますし、人の集まるエリアだとしたら名刺にアドレスを書くのも楽しいと思います。
けれど、さらに目をつけて頂きたいポイントが、そのエリアにどれほどの客がいるのか、ということです。そして、得意先が通いやすいように交通手段が複雑でないかも必要な点です。

事務所を借りるなら、とにかく築浅の事務所が良いでしょう。築浅の事務所は、耐震基準やセキュリティシステムの面で最新の機材が期待できますし、水回りなどの装置も高性能で誰にとっても利用しやすくなっています。ワーカーにとってスムーズに業務できることはもちろん、クライアントにとっても利用しやすく清潔な印象を残すことが可能なのです。
建物のイメージというのは多少なりとも企業のイメージに影響を与えてしまうためです。家賃は若干割高になるのですが、成長途上の会社が入っているケースが散見されるため、刺激のある事務所となるでしょう。

事務所の契約を結ぶ際、チェックする点を考えてみましょう。特に見落としがちなのが、候補の事務所を決めた後、まず御社の概要を提示し、あなたの会社の調査が実施されるという点でしょう。無事に信用調査を済ませたら、その次は契約手続きに話を進めるのですが、事務所の賃貸契約ではそれに関する費用を支払います。
礼金や敷金・仲介手数料など賃貸料の数ヶ月分の金額が一般的です。この際、オーナーにより内装工事等の工事会社が特定の業者に限定されているケースもあるため予め確認しておきましょう。

事務所移転にかかる最初の費用には何があるか考えてみましょう。礼敷金・仲介料などは通常の住居用の賃貸物件と同様です。事務所で特有の初期費用としては他の入居者やビルのオーナーに損害を与えた場合のための損害保険や家賃滞納を対象とする賃貸保証などの費用が主に考えられます。
さらに、社名の広告看板など、外装を工事する必要があればその工事コストも見積もりが必要です。物件によっては工事請負業者が決まっていることがあるので確認が必要です。